忍者ブログ
最近のアニメや声優、Magicに対する個人的な鬱憤を晴らすためのメモ程度のブログ。
[4056] [4055] [4054] [4053] [4052] [4051] [4050] [4049] [4048] [4047] [4046]

○「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」 5

 とりあえず、秋本羊介が首相の日本は、間違いなく修羅の国になりそう、とは思ったよ。

 なかなか攻めてきているタイトル。これまた興味をそそる一作である。

 「アウトブレイク・カンパニー」と起こっている出来事は全く同じはずなのに、その空気は全く異なっている。そりゃな、いきなり接続直後に問答無用で虐殺しにくる相手とは話し合いは通じないと思うわな。「異世界に出かけていく」ファンタジーは山ほどあるが、「異世界からやってくる」方のファンタジーは最近あまりみなかったので、東京で大虐殺劇が繰り広げられるだけでも割と新鮮。律儀に皇居を狙ってくるオーク軍団とか、なんでそこは心得てるんだよ、と思って笑ってしまった。普通、モンスターにしろ人間にしろ、異界に飛ばされたらまずは訳の分からないもの(高層ビルとか、そういうの)を警戒するだろうに。モンスターやたら元気だったなぁ。いや、もしかしたら全部納得ずくで意図的に攻めてきてるのかもしれないけども。むしろ騎士隊長のおっちゃんの台詞からしたら向こうサイドはこういう出来事に慣れてるのかもしれませんな。

 「最近見ない」とはいっても、別にそこまで新しいという設定ではない。今作のオリジナリティは、「自衛隊」という具体的な戦力に焦点を当てているところ。冒頭に「実際の団体には関係ありません」のテロップは当然出ているけど、作者はそれなりに自衛隊について調べて描いているはずだ。例えば兵器のスペックであるとか、組織内部の体制であるとか、「実際に現代日本が異界に攻め込まれたらどうしますか?」という部分について、「自衛隊」というリアルにフィーチャーすることで描こうという狙いはなかなか面白い。過去には「戦国自衛隊」や「沈黙の艦隊」みたいな「他所の領域に突然行くよ」というお話はたくさんあるが、このお話のポイントはきちんと自衛隊が意識して、自らの意志(国の意志)で異界へ攻め入っているところである。ご丁寧に専守防衛を維持するためにゲートの無効を国土認定までしており、一応のつじつまを合わせているわけだ(9条関係で揉めてる現代では、その程度では出撃する理由にはならないかもしれないが)。このまま「自衛隊の強さはどれくらいなんだろう」っていうガチのミリタリものになってバトルシーンが増えると面白そうなのだが、エンディング映像では既に女の子が3人も出てきているので……次第に「ファンタジー」の要素が強くなっていくのかなぁ。

 監督はなんと京極尚彦。一応サンライズ外では初監督ってことになるのか。ラブライブならずともこの人の巧さは説明の必要もないので、今作にも期待していきたいところだが、上手いこと監督の得意な方向性にハマってくれるだろうか。流石にエンディング映像は吹くわ。どんなイメージやねん。その他、映像面は割と安定しており、前クールのA-1がやらかしていたこととは分けて考えても大丈夫か。なんかキャラクターデザインが軽めでどっか浮いてる感じもあるし、しかもこの絵で露骨なホモは勘弁してほしいものだが、1話目のあれは単なるネタよな。今後どういう風に人間関係が展開していくのか、なかなか気になるところです。それにしても、エンディング歌唱が金元・東山・種田ですか……殺傷力高い面子やなぁ……。

拍手

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
7 12
14
23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール
HN:
Thraxi
性別:
男性
趣味:
声優のこと全般
自己紹介:
関西在住の、アニメを見ることを生業にしてるニート。必死で好きな声優を12人まで絞ったら以下のようになった。
大原さやか 桑島法子
ーーーーーーーーーー
↑越えられない壁
沢城みゆき 斎藤千和 
中原麻衣  田中理恵  
渡辺明乃 能登麻美子
佐藤利奈  佐藤聡美
高垣彩陽   悠木碧
最新CM
[08/01 Mei]
[07/26 ヴェス]
[07/25 NONAME]
[07/24 sangriter]
[07/16 Chrolony ]
バーコード
ブログ内検索
カウンター